• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

途上国に住む、盲目の子供達に光を届けたい。
そして自分の目で世界を見させてあげたい。

遠い国にはわずかな手術代を用意できなくて、見えない目のままに暮らしている子供がたくさんいます。そんな子供達の目を治したい。そしてお母さんの顔を見させてあげたい。それが「ヒカリカナタ基金」の思いです。世界の片すみで視覚障害の闇と向き合い健気に生きる子供達に、みんなで光かがやく未来を届けましょう!

理事長 竹内昌彦

これまでに401人の子供達の目が見えるようになりました。

2018-10-22 (12bb).png

ピピちゃん 8歳

両目を手術したピピ。いよいよ包帯が取りのぞかれます(動画の1分7秒から)

ラミーリャちゃん 7歳

もうすぐ完全に失明してしまうラミーリャちゃん。けれども、お母さんにはどうすることもできません。

2021-07-07 (11).png

子供達のよろこびの声

中央アジアの国、キルギスに住む

アイマン君とアデリャちゃんから

​よろこびの声が届きました!

ヒカリ届けます。

遥かカナタまで。

わずかな手術代さえあれば

見えるようになる!

そんな子供達があなたの支援を待っています。

正会員入会希望の方は事務局に

お問い合わせください